サイトマップお問い合わせRSS2.0atom
協会概要国民体育大会競技スポーツ(競技力向上対策委員会)スポーツ指導者生涯スポーツ(総合型地域スポーツクラブについて)スポーツ少年団新着情報

AD
TOP  >  競技スポーツ  >  第12期秋田県中学生強化選手指定証交付式

◆ 第12期秋田県中学生強化選手指定証交付式



 平成29年6月24日(土)、秋田市文化会館において第12期秋田県中学生強化選手指定証交付式を挙行した。
 今回は、スキー(アルペン、クロスカントリー)、陸上競技、サッカー、バスケットボール、レスリング、フェンシング、卓球、柔道、バドミントン、ライフル射撃、剣道の11競技(12種目)55名を新たに指定した。
 今回は、陸上競技、相撲、フェンシング、サッカー、ソフトテニス、ラグビーフットボール、バレー
ボールの7競技46名が指定された。
  堀井副知事から「皆さんの先輩も高校、大学で2020年東京オリンピックを目指して頑張っています。強化選手に指定された皆さんもこれから高校強化拠点校との練習やメンタル・体力面の研修を重ねトップアスリートを目指してください。また、中学生として学校生活を大切にして今日の指定を励みに頑張ってください。」と激励の言葉をいただいた。
 強化選手を代表し、バスケットボール競技の近藤 京(みやこ)選手(山本中学校2年)が「日々の練習に全力で取り組み秋田県だけでなく、日本を代表する選手を目指します。また、仲間や先生方、家族に感謝の気持ちを忘れずに努力していきます。」と力強く決意表明した。
 平成24年1月の第1期生から今回の12期生まで延べ757名が指定されている。現在、在籍している中学生は155名となった。強化選手は、各競技団体等が主催する合同練習・合宿や教育プログラム合宿(マナー・栄養指導、学習支援)への参加、医・科学サポートなどを受けることになる。
 交付式後には、強化選手を対象としたメディカルチェックが行われ、採血、立位、座位、抑臥位、腹臥位、ジャンプ測定、姿勢バランス、超音波、4スタンスの各検査を実施した。
また、保護者を対象として、日本体育協会公認スポーツ栄養士の長嶋智子氏による「ジュニア期の食事について」をテーマとする講話と、県スポーツ科学センターに勤務しているメンタルトレーニングアドバイザーの宇都友博氏による「家族が出来るメンタルサポート」をテーマとする講話が行われた。





堀井副知事より各競技代表者へ指定証の交付
堀井副知事より各競技代表者へ指定証の交付



堀井副知事より激励の言葉
堀井副知事より激励の言葉



代表者決意表明 バスケットボール競技 近藤 京選手(山本中学校2年)
代表者決意表明 バスケットボール競技 近藤 京選手(山本中学校2年)



第12期秋田県中学生強化選手
第12期秋田県中学生強化選手



メディカルチェック(超音波検査)
メディカルチェック(超音波検査)



保護者プログラム(メンタル)
保護者プログラム(メンタル)



保護者プログラム(栄養学)
保護者プログラム(栄養学)






秋田トップアスリート無料職業紹介所


第44回東北総合体育大会


エントリー受付中


日本スポーツマスターズ2016秋田大会


スパッキーオフィシャルグッズ


県体協 目安箱


暴力行為 根絶宣言


寄付一覧


寄付について


大会結果一覧


資料・様式等ダウンロード


賛助会員の募集


スポーツ振興くじ 助成金事業



スポーツ振興助成事業申請書様式一式


スポーツ振興助成事業申請書様式一式エクセルダウンロード