サイトマップお問い合わせRSS2.0atom
協会概要国民体育大会競技スポーツ(競技力向上対策委員会)スポーツ指導者生涯スポーツ(総合型地域スポーツクラブについて)スポーツ少年団新着情報

AD
TOP  >  競技スポーツ  >  第69回国民体育大会(長崎がんばらんば国体) 秋田県選手団結団式

◆ 第69回国民体育大会(長崎がんばらんば国体) 秋田県選手団結団式



 平成26年9月4日(木)、秋田県立体育館において第69回国民体育大会(長崎がんばらんば国体)の結団式が開催された。長崎がんばらんば国体は、来月12日(日)に開幕(会期前競技は今月7日(日))される。本県選手団は37の正式競技に33競技、公開競技では、高等学校野球軟式、トライアスロンの2競技に出場する。
 結団式では、「県民の代表としての自信と誇りを持ち、大会までの残された期間を有効に活用して十分に調整し、万全の体調で臨んでほしい。また、チャンピオンスポーツ本来の姿である勝つことの意義をしっかりと認識し、強い気持ちをもって本番の勝負に挑んでほしい」と団長の鈴木洋一県体協会長があいさつした後、堀井副知事、能登県議会議長、米田教育委員会教育長から激励のことばをいただいた。旗手を務めるフェンシング競技少年女子の岡部麻衣選手(聖霊女子短期大学付属高校3年)に団旗が授与され、選手を代表してレスリング競技少年男子の櫻庭功大選手(秋田商業高校3年)が「スポーツをする喜びと支えていただくことへの感謝を胸に、スポーツ立県秋田の代表として力の限りプレーをし、がんばらんば国体の開催地長崎から秋田に、そして東日本大震災の復興に携わるすべての方々に、元気をがんばる力を発信する」ことを誓った。さらに、秋田ノーザンハピネッツ前ヘッドコーチの中村和雄氏が「皆さんのがんばりが、勝ちが県民を感動させる。楽しんで、くたばるまでがんばり『俺は勝つ、俺は勝つ、俺は勝つ』と思って競技をしてほしい」と勝利を目指すにあたっての気構えを熱く語り士気を高めた。
 また、結団式開始前には、鳥海良寛氏((有)とりうみファーマシー)による「国体におけるドーピング防止とその注意事項」についての講習会が行われた。



ドーピング防止講習会
ドーピング防止講習会


選手代表誓いのことば
選手代表誓いのことば


勝利を目指して
勝利を目指して




秋田トップアスリート無料職業紹介所


第44回東北総合体育大会


エントリー受付中


日本スポーツマスターズ2016秋田大会


スパッキーオフィシャルグッズ


県体協 目安箱


暴力行為 根絶宣言


寄付一覧


寄付について


大会結果一覧


資料・様式等ダウンロード


賛助会員の募集


スポーツ振興くじ 助成金事業



スポーツ振興助成事業申請書様式一式


スポーツ振興助成事業申請書様式一式エクセルダウンロード